応募前に志望動機を固めておこう

履歴書の志望動機が書類選考通過の鍵

 
 転職のための応募書類には、履歴書と職務経歴書の2種類があり、応募者多数の場合は、まず書類選考が行われます。
 
 企業の採用担当者は、届いた大量の応募書類を隅々まで読むことはせず、履歴書である程度ふるいにかけ、職務経歴書でさらに絞り込んで、面接するひとを選びます。
 
 この書類選考を勝ち抜くためにはまず、履歴書の志望動機に説得力を持たせることが大事なのです。

志望動機の組み立て方

 
 新卒の就職活動では、志望動機に入社の意欲を書くことが多かったことでしょう。転職活動でも、志望動機に応募企業に入社したい理由や意欲を書くのは基本なのですが、それだけでは書類選考を通過できません。
 
 自分がこれまで培ってきたスキルが募集職種にいかにマッチしているか、あるいはそれを活用して入社後にどんな貢献ができると考えているかなど、企業が応募者を採用するメリットも、盛り込む必要があるのです。
 
 それを見つけるためには、自己分析と企業研究をきちんと行わなければできません。自分が応募企業で実現したいことを考えると同時に、自分がその企業にどう役立っていけるのかもしっかり考え、その両方を志望動機に書くようにしましょう。