注意点を知っておけば、入社後のトラブルや不安定な感情を乗り越えられます

■リアルな職場を受け止める
 あなたは新しい職場にどのようなイメージを持っているでしょうか。まだ転職活動中で次に働く職場が決まっていない人は具体的なイメージができないかもしれませんが、そうした会社が決まれば、自分の中でいろいろとイメージを湧かせることになるでしょう。

 しかし、そうしたイメージとリアルは違うと、今から思っておいてください。入社後、数々のイメージとの違いに戸惑ったとしても、深く考え過ぎないこと。受け止めてしまうのが一番です。

 気にしていたらキリがありませんから、リアルな職場の状況を受け止め仕事に向かうことを注意点として持っておきましょう。

あらゆる方向からの情報収集を

 入社後は情報収集にも精を出さなければなりません。同僚、上司などからの情報収集によって、早く仕事を覚えることができるはず。会社の業績はどのような具合か、就業規則はどうなっているのかなど、会社の情報についても集めておきたいところ。働き方や目標、自分の役割などが見出しやすくなるでしょう。加えて、取引先などの情報も知っておきたいですね。

 もちろん新聞やインターネットによって自分が飛び込んだ業界や職種、関連企業などの情報も集めておくべき。そうしたものも仕事に活かすことができますし、20代であれば次の転職もあるかもしれませんから、その時のための貴重な情報とすることもできます。

悩みはひとりで抱え込まない

 入社後、もし悩んでしまったとしても、それを一人で抱え込まないようにしてください。一人で抱え込んでしまうことほど辛いこと、危険なことはありません。精神的にも辛くなり、それが体調にも悪影響を与えてしまえば、せっかくの転職も台無しです。

 入社後に悩んでしまう転職者は非常に多いので、それを相談できる人を見つけておいたり、あるいはリフレッシュしたりストレス解消ができるような環境を整えておくことも大切です。これも入社後の注意点として覚えておくと、余裕のある働き方ができるのではないでしょうか。