雇用形態を選ぶポイントは?正規雇用と非正規雇用の違いをまずは知りましょう

正規雇用の持つメリットはコレ

 雇用形態を選ぶ時にポイントとなるのは、それぞれの雇用形態のメリットではないでしょうか。雇用形態を正規雇用と非正規雇用に分けた時、それぞれにどんなメリットがあるのかを見てみたいと思います。

 正規雇用のメリットは、解雇や転職などが無い限りは働き続けることができる点にあります。解雇はよほどのことが無い限り考えられないので、転職と定年退職以外は辞めるキッカケがないのかもしれません。働き続けることで給与も上がり、福利厚生も得られたり利用しやすいため、“安定感”は抜群でしょう。

 好きな仕事や作業を突き詰めることもでき、社会からも信用されやすいなど、正規雇用には非常に多くのメリットがあります。

非正規雇用の持つメリットはコレ

 非正規雇用で働くことで感じられるであろうメリットは、まず、職への就きやすさ。たいした活動をしなくても就くことができ、20代の人であれば選び放題は言い過ぎかもしれませんが、それに近い形で仕事にありつくことができるでしょう。

 このメリットによって短期で仕事を変えることも可能なため、自分にあった職探しがしやすいという利点も生まれてきます。プライベートな時間を確保しやすいのも非正規雇用の方ではないでしょうか。自分の時間をより大切にする人に好まれている働き方であることも納得ができます。

自分とのマッチングで選びましょう

 正規雇用と非正規雇用のメリットの違いを見て、どう思ったでしょうか。職探しで重視しなければならないのはマッチングです。企業とのマッチングも大事ですし、業種や職種とのマッチングもとても重要。そして、雇用形態とのマッチングも忘れてはいけません。

 転職希望者の多くは正規雇用社員としての転職を狙っているとは思いますが、もしそれだとミスマッチになるかもしれないと少しでも考えるならば、非正規雇用社員として働くことも一度視野に入れ、そこから冷静に選択する作業を行ってもいいのではないでしょうか。