面接対策こそ万全に

服装と身だしなみを整える

 
 20代の転職面接は、キャリアとスキルが足りない分、第一印象でミソをつけないことが大事です。リクルートスーツとは言いませんが、ビジネスの場にふさわしい服装で、面接に臨んでください。
 
 色は抑え目で、できればクリーニング仕立てのスーツが良いでしょう。中に着るYシャツやブラウスも、華美なものは厳禁です。ビジネスの場にふさわしい靴とカバンを選び、汚れがないようにしっかり手入れをします。
 
 メガネや時計にもTPOがあるので、ブランド物やカジュアルなデザインのものは避けましょう。また髪型にも清潔感が感じられるように、前髪は目にかけない、横の髪も耳にかからないことを原則として、チェックしておきましょう。

模擬面接を経験しておく

 
 わかものハローワークや転職エージェントを活用して、転職活動を行っているなら、担当者に模擬面接をお願いしてみましょう。

 面接の立ち居振る舞いではマナーを守ることが必要ですし、質疑応答での話し方も、採否に大きな影響を与えます。
 
 自分の面接マナーと話す内容をしっかりチェックしてもらい、改善すべき点を練習してから、本番に臨みましょう。そうした事前準備にいかに時間をかけるかが、明暗を分けるのです。