20代が面接でよく聞かれる質問

経験が浅い20代がよく聞かれること

 
 転職のための面接では「自己紹介」や「志望動機」など、いくつか定番の質問があります。ですが20代の場合、それまでのキャリアを活かした即戦力の採用というより、自社への入社の意欲や、将来のポテンシャルに着目されて内定することの方が多いものです。
 
 そこで、若年者だから聞かれることが多い質問を、まとめておきたいと思います。
 ・あなたにとって「仕事」とは何でしょうか
 ・あなたは仕事をするうえで、何を大事にしていますか?
 ・最近、仕事以外で関心がある出来事を教えてください
 
 こうした質問は、仕事への姿勢をはかるとともに、社会人に不可欠な一般教養を知るための質問です。しっかり回答を用意しておきましょう。

異業種や未経験職種への転職を希望する場合

 
 20代でキャリアチェンジ転職を希望している場合、面接でもスキルの習熟度より、働く姿勢や経験を問われることが多いものです。
 
 「現在の自分の課題」「社会人になってからの成功体験」「社会人になってからの大きな失敗とそこで何を学んだか」「これまで一番大変だった仕事とその理由」については、答えられるように準備しておくことをおすすめします。転職サイトの回答例が、とても参考になりますよ。