20代こそ転職計画をたてよう!

20代の転職活動計画は目的を決めることから

 
 20代は転職市場の中でも、応募可能な求人が最も多い年代です。選ばなければ、応募開始から1~3カ月で再就職先を決めることはできるでしょう。ですが、転職は勤務先を変えるためにするものではありません。転職を考え始める時点で、何か目的があるはずです。
 
 自分のキャリアアップを考えて、仕事のステージを変えたいのか。あるいは実際に社会で働いてみて、自分が本当にやりたい仕事を見つけたのか。自分が何のために転職をしたいのかという目的を定めることが、転職を成功させるための基本なのです。

転職活動計画をどう立てるのか

 
 目的が定まったら、転職活動の計画をたてます。これは、自分が内定を得たいと思う日から、面接や応募書類の作成、企業研究、求人探しというプロセスを逆算して、スケジューリングします。
 
 面接に行くまで、本当に自分に合っている企業かどうかはわかりませんから、例えば取捨選択できるように3社面接に残るために、書類選考通過率を考えて、6社応募書類を送る、それぞれの企業研究をする、応募する求人を探すというプロセスに、どれくらい時間が必要かを考える必要があります。自分の作業時間も考慮して、スケジュールをたててください。

<参考記事>

  • しっかりと自己分析を行う
  • 徹底した企業研究をしよう