20代だからこそ逆質問を用意しておこう

逆質問がどうして大切なのか

 
「何か質問はありますか?」と、面接官に聞かれたら、面接が終わりに近づいていることを意味します。ここで「特にありません」と答えた時点で内定が遠のいてしまうので、きちんと逆質問を用意しておくべきでしょう。
 
 というのも、逆質問の内容によって、自分が応募企業に入社したいという熱意を伝えることができたり、入社前にどんな準備をしておくべきかを知る、大きなチャンスでもあるからです。
 
 自分が入社することを想定して、より具体的な逆質問をすることで、面接官に対して、自分の熱意や意欲をアピールしましょう。

逆質問の具体例

 
 では、20代ができる逆質問にどんなものがあるのか、いくつか参考例を紹介しておきましょう。・御社は近年、●●という事業に力を注いでいらっしゃいますが、今後の事業展開はどのようにお考えですか
 
 ・入社前に会社見学をすることはできますか?
 ・自分のこれまでの経験を活かして、△△の仕事に携わりたいと考えているのですが、可能でしょうか?
 ・足りない知識やスキルを補うために、中途採用者が入社までに学んでおくべきことがあれば、ぜひ教えてください
 
 転職サイトの逆質問に関するコンテンツでも、複数の例が紹介されています。企業研究で調べた内容も考慮しながら、複数の逆質問を用意しておきましょう。