20代も円満退職を目指そう!

円満退職が大事な理由

 
 20代で転職を決意したからには、それまでの勤務先には不満や不安があったことと思います。転職活動が実って、内定を得られたら、新しい職場での生活への思いが膨らむのは当然なことです。
 
 ですが、それまでの勤務先で社会人基礎力を高められたからこそ、転職先の内定を得られたのも事実です。勤務先の規則を守って、円満退職することは、良識ある社会人として当然なことです。
 
 縁あって出会った上司や先輩、同僚たちの顔を二度と見られなくなるような、退職はしないように準備しましょう。

円満退職するために

 
 円満退職がしたいなら、転職活動を始めるときに、まず勤務先の就業規則を確認します。そこには、退職日のどれくらい前に「退職届」を提出しなければならないかが書かれているはずです。
 
 その日付の2週間から1カ月前に、直属の上司に会社を辞めたいという意向を、まず口頭で伝えましょう。その際、会社を辞めたい理由を聞かれると思います。
 
 キャリアチェンジ転職の場合は、「ほかにやりたい仕事が見つかったから」と、本音で話しても構いませんが、キャリアアップ転職の場合には、勤務先への不満や批判を語るのは得策ではありません。「一身上の都合で」で、押し通しましょう。