面接対策こそ万全に

服装と身だしなみを整える

 
 20代の転職面接は、キャリアとスキルが足りない分、第一印象でミソをつけないことが大事です。リクルートスーツとは言いませんが、ビジネスの場にふさわしい服装で、面接に臨んでください。
 
 色は抑え目で、できればクリーニング仕立てのスーツが良いでしょう。中に着るYシャツやブラウスも、華美なものは厳禁です。ビジネスの場にふさわしい靴とカバンを選び、汚れがないようにしっかり手入れをします。
 
 メガネや時計にもTPOがあるので、ブランド物やカジュアルなデザインのものは避けましょう。また髪型にも清潔感が感じられるように、前髪は目にかけない、横の髪も耳にかからないことを原則として、チェックしておきましょう。

模擬面接を経験しておく

 
 わかものハローワークや転職エージェントを活用して、転職活動を行っているなら、担当者に模擬面接をお願いしてみましょう。

 面接の立ち居振る舞いではマナーを守ることが必要ですし、質疑応答での話し方も、採否に大きな影響を与えます。
 
 自分の面接マナーと話す内容をしっかりチェックしてもらい、改善すべき点を練習してから、本番に臨みましょう。そうした事前準備にいかに時間をかけるかが、明暗を分けるのです。

20代だからこそ逆質問を用意しておこう

逆質問がどうして大切なのか

 
「何か質問はありますか?」と、面接官に聞かれたら、面接が終わりに近づいていることを意味します。ここで「特にありません」と答えた時点で内定が遠のいてしまうので、きちんと逆質問を用意しておくべきでしょう。
 
 というのも、逆質問の内容によって、自分が応募企業に入社したいという熱意を伝えることができたり、入社前にどんな準備をしておくべきかを知る、大きなチャンスでもあるからです。
 
 自分が入社することを想定して、より具体的な逆質問をすることで、面接官に対して、自分の熱意や意欲をアピールしましょう。

逆質問の具体例

 
 では、20代ができる逆質問にどんなものがあるのか、いくつか参考例を紹介しておきましょう。・御社は近年、●●という事業に力を注いでいらっしゃいますが、今後の事業展開はどのようにお考えですか
 
 ・入社前に会社見学をすることはできますか?
 ・自分のこれまでの経験を活かして、△△の仕事に携わりたいと考えているのですが、可能でしょうか?
 ・足りない知識やスキルを補うために、中途採用者が入社までに学んでおくべきことがあれば、ぜひ教えてください
 
 転職サイトの逆質問に関するコンテンツでも、複数の例が紹介されています。企業研究で調べた内容も考慮しながら、複数の逆質問を用意しておきましょう。

20代が面接でよく聞かれる質問

経験が浅い20代がよく聞かれること

 
 転職のための面接では「自己紹介」や「志望動機」など、いくつか定番の質問があります。ですが20代の場合、それまでのキャリアを活かした即戦力の採用というより、自社への入社の意欲や、将来のポテンシャルに着目されて内定することの方が多いものです。
 
 そこで、若年者だから聞かれることが多い質問を、まとめておきたいと思います。
 ・あなたにとって「仕事」とは何でしょうか
 ・あなたは仕事をするうえで、何を大事にしていますか?
 ・最近、仕事以外で関心がある出来事を教えてください
 
 こうした質問は、仕事への姿勢をはかるとともに、社会人に不可欠な一般教養を知るための質問です。しっかり回答を用意しておきましょう。

異業種や未経験職種への転職を希望する場合

 
 20代でキャリアチェンジ転職を希望している場合、面接でもスキルの習熟度より、働く姿勢や経験を問われることが多いものです。
 
 「現在の自分の課題」「社会人になってからの成功体験」「社会人になってからの大きな失敗とそこで何を学んだか」「これまで一番大変だった仕事とその理由」については、答えられるように準備しておくことをおすすめします。転職サイトの回答例が、とても参考になりますよ。