20代が面接でよく聞かれる質問

経験が浅い20代がよく聞かれること

 
 転職のための面接では「自己紹介」や「志望動機」など、いくつか定番の質問があります。ですが20代の場合、それまでのキャリアを活かした即戦力の採用というより、自社への入社の意欲や、将来のポテンシャルに着目されて内定することの方が多いものです。
 
 そこで、若年者だから聞かれることが多い質問を、まとめておきたいと思います。
 ・あなたにとって「仕事」とは何でしょうか
 ・あなたは仕事をするうえで、何を大事にしていますか?
 ・最近、仕事以外で関心がある出来事を教えてください
 
 こうした質問は、仕事への姿勢をはかるとともに、社会人に不可欠な一般教養を知るための質問です。しっかり回答を用意しておきましょう。

異業種や未経験職種への転職を希望する場合

 
 20代でキャリアチェンジ転職を希望している場合、面接でもスキルの習熟度より、働く姿勢や経験を問われることが多いものです。
 
 「現在の自分の課題」「社会人になってからの成功体験」「社会人になってからの大きな失敗とそこで何を学んだか」「これまで一番大変だった仕事とその理由」については、答えられるように準備しておくことをおすすめします。転職サイトの回答例が、とても参考になりますよ。

職務経歴書が重要視される理由

職務経歴書の役割とは

 
 職務経歴書は、応募者がこれまで経験した仕事について伝えるためのツールです。
 
 そのため、これまで勤務した会社の概要、所属した部署と期間、そこで担当した業務内容、そこであげた成果、そこで得たスキルや資格、自分なりに仕事にどう取り組んだと考えているのかを、簡潔にわかりやすくまとめるのがポイントです。
 
 20代であれば、それほど職務経験が豊富ではないことが多いので、A4版で2枚程度に収めるのが望ましいです。この職務経歴書が読みやすくまとめられるかどうかで、企業の採用担当者は、応募者のプレゼンテーションスキルもはかります。自分のこれまでの経験を伝えやすいレイアウトや文章の表現方法について、きちんと考えて作成しましょう。

職務経歴書のフォーマットについて

 
 職務経歴書のフォーマットは、「編年方式」「逆編年方式」「キャリア方式」の3つに大別されます。「編年方式」は、新卒で社会に出てから現在までの職歴を、順番に書きます。仕事の習熟度を伝えるのに、最適なフォーマットです。
 
 「逆編年方式」は、現在から新卒で就職するまでを遡って書きます。現在の仕事を強調したいときに、おすすめです。「キャリア方式」は、職務内容やプロジェクト単位で、職務経験をまとめる書き方です。技術職や転職回数が多いひとに、ピッタリです。

履歴書の重要ポイント

履歴書の役割を理解しよう

 履歴書は、応募者個人のこれまでの経歴を伝えるためのツールです。そのため、各項目や書き方にはルールがあります。
 
企業の採用担当者は履歴書を読むことで、募集職種に対応する学歴や職歴があるかどうか、志望動機に説得力があるかどうかをチェックします。
 
20代の場合、将来のポテンシャルを考慮して、キャリアチェンジ組の採用を行うところも多いですが、その場合も、仕事に役立つスキルや資格について勉強していることなどを、資格・免許欄や自己PRでアピールする方が有利です。
 
職務経歴書を読みたくなる履歴書を作成するよう、努力しましょう。

履歴書のマナーを守って書くのが基本

 
 履歴書の書き方をみると、応募者のビジネス文書作成のスキルをはかることもできます。というのも、履歴書は定型文を使って、マナーを守って作成することが基本とされているからです。
 
 手書きでもパソコン作成でも構いませんが、設定されている項目はすべて記載する、誤字脱字がない、和暦と西暦の混同や不整合がないのは当然です。
 
 また、貼付されている写真も、スーツを着用したうえで、清潔感が感じられることも大事なポイントです。転職サイトの履歴書のサンプル例をよく読み、ミスのない履歴書を作成しましょう。

応募前に志望動機を固めておこう

履歴書の志望動機が書類選考通過の鍵

 
 転職のための応募書類には、履歴書と職務経歴書の2種類があり、応募者多数の場合は、まず書類選考が行われます。
 
 企業の採用担当者は、届いた大量の応募書類を隅々まで読むことはせず、履歴書である程度ふるいにかけ、職務経歴書でさらに絞り込んで、面接するひとを選びます。
 
 この書類選考を勝ち抜くためにはまず、履歴書の志望動機に説得力を持たせることが大事なのです。

志望動機の組み立て方

 
 新卒の就職活動では、志望動機に入社の意欲を書くことが多かったことでしょう。転職活動でも、志望動機に応募企業に入社したい理由や意欲を書くのは基本なのですが、それだけでは書類選考を通過できません。
 
 自分がこれまで培ってきたスキルが募集職種にいかにマッチしているか、あるいはそれを活用して入社後にどんな貢献ができると考えているかなど、企業が応募者を採用するメリットも、盛り込む必要があるのです。
 
 それを見つけるためには、自己分析と企業研究をきちんと行わなければできません。自分が応募企業で実現したいことを考えると同時に、自分がその企業にどう役立っていけるのかもしっかり考え、その両方を志望動機に書くようにしましょう。

転職サイトの機能も試してみよう!

転職サイトのスカウト機能とは

 
 そもそも転職サイトは、求職者が自分が希望する転職の条件を設定することで、それにマッチする求人を探すためのサイトです。
 
 企業が広告費を負担し、サイト内に一定期間の求人情報を公開しているため、転職サイトに登録しておくと、毎週希望条件に合った新着の求人情報が送られてきます。
 
 転職活動に関するさまざまなノウハウも、コンテンツとして用意され、無料で活用できるので、20代にはおすすめの求人情報媒体です。中でも必ず利用してほしいサービスが、「スカウト機能」です。
 
 これは、自分のこれまでの経歴をレジュメにしてサイト内で公開することで、その内容に興味を持ってくれた企業から、直接オファーを受けることができるサービスのことです。
 

スカウト機能がおすすめの理由

 
 企業からのオファーにも、すぐに面接が受けられるものから、レジュメに興味を持ったという連絡、会社説明会のお知らせなど対象者に送るものなど、いくつか段階があります。
 
 ですが、自分の希望条件とはマッチしていない企業からオファーが届き、キャリアチェンジをするひとも少なくないので、キャリアビジョンが固まっていない20代が選択肢を広げるという意味でも、活用するメリットがあります。

20代にも使いやすい転職エージェント!

転職エージェントとは

 
 転職エージェントとは、正式名称を人材紹介会社といいます。転職エージェントは、企業から依頼された個別の採用ニーズに対し、登録者の中から最適な人材を探して紹介することが仕事です。
 
 企業に最適な人材を紹介できるよう、数多くの求職者を登録しておく必要があり、無料でさまざまなサービスを提供しています。
 
 転職エージェントの特徴としては、求人を紹介する前に、必ず登録者とカウンセリングを行うことがあります。
 
 求職者のこれまでのキャリアや実績、仕事上の強みと志向性を把握したうえで、企業から依頼されている求人と双方マッチするものを、個別に紹介してくれます。

転職エージェントの活用方法

 
 転職エージェントと聞くと、キャリアアップやハイクラスな転職を希望するひとのためのものと考えるひとが多いのですが、実際には転職相談のうえで、在職先にとどまるようにアドバイスしてくれることもあると言います。
 
 20代の求職者の場合、自分のキャリアビジョンをどうするかを決めかねているひとも多いと思うので、まず相談に行くことをおすすめします。
 
 実際に求人を紹介された後は、内定に向けてさまざまな情報提供やアドバイスをしてくれるので、とても心強い相棒になってくれるはずです。

わかものハローワークを活用法

わかものハローワークとは

 
 「わかものハローワーク」は、地域によっては「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」とも呼ばれ、厚生労働省が主に45歳見何の若年者を対象に、正規雇用の就職を支援するために設置した窓口のことを言います。
 
 ハローワークで求職手続きをすると、ハローワークの窓口まで行かなくても、ハローワークインターネットサービスを使って、自宅で求人情報を検索できます。ただし、窓口でしか公開していない求人情報もあります。
 
 「わかものハローワーク」が提供するサービスには、求人の探し方、応募の仕方、仕事への不安など、仕事探しにまつわる悩みの相談から、担当職員による個別支援まで幅広いです。無料で活用できるので、一度足を運んでみましょう。

就労支援から就職後のフォローまで実施

 
 そもそもハローワークは、転職サイトや転職エージェントと比べると、地元の中小企業の求人が多いという特徴があります。
 
 「わかものハローワーク」では担当者として専門職員が付き、初回利用時に話をしたうえで、求職者別に転職に向けた支援プランを作成。応募書類の添削や面接指導はもちろん、内定後の定着支援までフォローしてくれます。
 
 就職に役立つセミナーも開催しているので、活用してみるとよいでしょう。

徹底した企業研究をしよう

企業研究はより深く幅広く

 
 新卒での就職活動でも、企業研究は行ったはずです。転職活動でも、その手順は変わりません。会社案内や企業のホームページ、会社四季報、帝国データバンク会社年鑑、東商信用録、日経テレコム21など、可能な限りの情報誌を活用します。
 
 その際、意識したいのが、より深く、幅広く企業研究を行うことです。新卒時も企業研究をしたはずなのに、転職をしたくなる理由があったというのは、自分が調べた情報では、仕事内容や働き心地までリサーチできなかったということです。

 新卒の際の企業研究と同じ方法では、似たような結果にしかなりませんから、応募企業だけでなく、そのライバル会社についても調べるなど、やり方を工夫しましょう。

転職エージェントは情報の宝庫

 
 20代の求職者の中にも、転職エージェントを活用しているひとがいることでしょう。転職エージェントは、企業から個別に依頼された採用に対して、最適な人材を紹介し、入社させることを生業としています。
 
 そのため、企業の人材へのニーズや選考のポイント、職場の雰囲気など、個人では調べられない企業情報を、豊富に持っています。
 
 キャリアコンサルタントから、そうした企業情報を提供してもらうことで、応募書類の作成や面接に役立つはずです。

<参考記事>

  • しっかりと自己分析を行う
  • 徹底した企業研究をしよう
  • しっかりと自己分析を行う

    20代前半の自己分析の方法

     
     自己分析は、自分が生きていくうえで、あるいは働く際に大事にしている、価値観を知るための作業です。
     
     自己分析で掘り下げて考える必要がある項目としては、自分の長所と短所、いままでどんな経験をしてきたか、自分の人格形成に影響を与えた出来事とは何か、自分のこれからの課題は何かです。
     
     20代前半の場合、自分の責任と裁量でできる仕事はさほどありませんし、新入社員として望まれる仕事と自分の本質が不一致ということもありえます。そのため、社会人としての経歴だけでなく、学生時代の経験も含めて、自己分析をしましょう。

    20代後半の自己分析の方法

     
     20代後半ともなると、一人前の社会人として、責任を持った仕事を任されるようになります。会社規模によっては、主任やチームリーダーなどの職位がつくひともいることでしょう。
     
     だからこそ、社会人としてのキャリアの棚卸しとともに自己分析を行い、自分の仕事に対する志向性や強み、課題を浮き彫りにすることを意識してください。
     
     自分が担当した業務の中で、どんな内容やポジションのときに、自分がやりがいや達成感を感じることができたかを、しっかり再確認しましょう。そのプロセスが、自分の適職探しにも役立つはずです。

    <参考記事>

  • 20代こそ転職計画をたてよう!
  • 徹底した企業研究をしよう
  • 20代こそ転職計画をたてよう!

    20代の転職活動計画は目的を決めることから

     
     20代は転職市場の中でも、応募可能な求人が最も多い年代です。選ばなければ、応募開始から1~3カ月で再就職先を決めることはできるでしょう。ですが、転職は勤務先を変えるためにするものではありません。転職を考え始める時点で、何か目的があるはずです。
     
     自分のキャリアアップを考えて、仕事のステージを変えたいのか。あるいは実際に社会で働いてみて、自分が本当にやりたい仕事を見つけたのか。自分が何のために転職をしたいのかという目的を定めることが、転職を成功させるための基本なのです。

    転職活動計画をどう立てるのか

     
     目的が定まったら、転職活動の計画をたてます。これは、自分が内定を得たいと思う日から、面接や応募書類の作成、企業研究、求人探しというプロセスを逆算して、スケジューリングします。
     
     面接に行くまで、本当に自分に合っている企業かどうかはわかりませんから、例えば取捨選択できるように3社面接に残るために、書類選考通過率を考えて、6社応募書類を送る、それぞれの企業研究をする、応募する求人を探すというプロセスに、どれくらい時間が必要かを考える必要があります。自分の作業時間も考慮して、スケジュールをたててください。

    <参考記事>

  • しっかりと自己分析を行う
  • 徹底した企業研究をしよう